公益社団法人日本経営工学会
Last Update: 2019/11/11

2015年秋季大会 Best Presentation Award

公益社団法人 日本経営工学会
会長 河野 宏和

 日本経営工学会(JIMA)では,春季・秋季大会で行われた学生会員の優れた研究・発表をBest Presentation Awardとして表彰しております.
 今年の秋季大会では,計39件の発表が対象となり,「研究内容」「発表内容」「予稿集」「質疑応答」の4 項目について審査委員が評価し,評価結果を表彰委員会で審議の上,さらに2016年1月9日に開催された理事会での協議の結果,下記6件の方々の受賞が決定しました.受賞者には賞状と副賞としてのトロフィーが郵送されます.
 今後も,大学院や学部で研究されている学生会員の方々が,多くの成果をJIMAで発表して頂けるよう期待しています.

受賞者の氏名,所属,演題:

  1. 加藤 稚菜 岡山大学
    統計力学的平衡状態解析モデルに基づくボーキング現象を考慮したM/M/1待ち行列システムの解析
  2. 齋藤 洋 早稲田大学
    局所的構造をモデル化可能な計量距離学習に関する一考察
  3. 田中 陽輔 大阪府立大学
    連鎖的近傍操作を用いた静的ナーススケジューリング法
  4. 安田 直生 早稲田大学
    多値判別問題におけるコスト考慮型学習への拡張に関する一考察
  5. 山口 航平 大阪工業大学
    人口蜂コロニーアルゴリズムを用いたセル生産システムの設計
  6. 湯川 輝一朗 早稲田大学
    計算量の削減を目的とした分散型SVMの学習手法に関する一考察

以上