公益社団法人日本経営工学会
Last Update: 2020/7/8

VOL.2013-19

===================================

          日本経営工学会 メールマガジン
           2013年10月1日 VOL.2013-19

===================================

■ 目次

秋季研究大会特別セッション「JIMAの活性化について考える」について
平成25年度秋季研究大会のご案内
協賛会議のご案内
生産・物流部門 第1回国際ワークショップのご案内
事業・市場部門 集合知メカニズム研究会からのご案内

▼ 秋季研究大会特別セッション「JIMAの活性化について考える」について ―
                      公益社団法人日本経営工学会
                            会長 河野宏和

 今般、平成25年度秋季大会(於:日本工業大学)の2日目(11月17日)、午後
2時40分~4時10分に、JIMA全体の意識改革と活性化を目指して、ラウンドテー
ブル形式のディスカッションを予定しています。

 これまでも、JIMAの活性化を目指して、様々なパネルディスカッションが開
催され、多様な論考が寄稿されてきました。しかし、多くの場合、意見を述べ
るのは一部の方に限られ、会員の多くは「聞く側」「読む側」という受け手に
回っていたように思います。これでは、アイデアを持っておられるメンバーの
意見が適切に集約されているとは言えません。もちろん、学会の方向性や活性
化は理事などの役員が考えるべき、との意見もあるかもしれません。しかし、
正会員が1300人を切り、賛助会員も減少を続ける中、そろそろ会員全員の知恵
を出し合って学会を活性化していく時期ではないでしょうか。

 今回は、少人数のグループ(テーブル)に分かれて、原則として参加される
全ての方に意見を述べていただくディスカッションにしたいと考えています。
若手も年輩の方も、大学の人も産業界の方も、皆さん平等に発言していただき
たいと希望しています。各テーブルには進行役(モデレーター)が付き、議論
を促し、最後に各テーブルで出た意見をまとめます。そして、それを発表して
いただく時間を設けます。冒頭の私からの説明に10分、テーブルでの議論は50
分、まとめ討議に30分、全体で90分の特別セッションを予定しています。

 議論していただきたいテーマは、当日の冒頭に改めて3つを明示したいと考え
ていますが、例えば、「大会でやってみたいこと・学会でやってほしい企画」
「もっと強化すべき活動」「学会に期待すること・学会の役割」など、少し幅
広い内容について皆さんから率直に意見を言っていただき、それを学会の活性
化に結びつけていきたいと考えています。

 せっかく大会に参加されても、ほとんど意見交換される機会がないのは、決
して健全とは思えません。今回の試みには、一人一人の発言が不可欠です。日
曜午後という時間帯ですが、一人でも多くの方に参加していただききたく、こ
こにお願い申し上げます。

▼ 平成25年度秋季研究大会のご案内 ――――――――――――――――――
                              大会委員会

大会への参加申込はすべて学会ホームページから行うようになっております.
ご注意下さい.

【大会概要】
・会期:平成25年11月16日(土)~11月17日(日)
・会場:日本工業大学
    アクセスは以下のHPをご覧ください.
    http://www.nit.ac.jp/guide/
・組織委員長:正道寺 勉(日本工業大学)
・大会テーマ:「ものづくりと環境経営」
・主催:北関東支部

・事前参加申込手続き:平成25年8月12日(月)~10月18日(金)
 事前参加申込の参加費
  正会員 10,000円,学生会員 5,000円,
  非会員(一般) 13,000円,非会員(学生) 8,000円
  期日までに参加費の支払いを済ませてください.支払いがない場合は
  当日申し込み参加費となります.

 学会当日参加を申し込み場合は参加費は1,000円高くなります.
 (非会員も1,000円高くなります)
  正会員 11,000円,学生会員 6,000円,
  非会員(一般) 14,000円,非会員(学生) 9,000円

 名誉会員の方は,研究発表会参加は無料ですが,ネットワーキング参加の
 場合は参加費2,000円が必要となります.ご理解の程よろしくお願いします.
 なお,ネットワーキング参加費は当日受付でお支払いください.

・予稿集原稿の投稿手続き
  平成25年8月12日(月)~10月3日(木)
  発表原稿は投稿受付の締め切りまでHPから差し替え可能となっております.

詳細につきましては,HPが随時更新されますので,そちらをご確認ください.
http://www.jimanet.jp/activities/meeting

▼ 協賛会議のご案内 ―――――――――――――――――――――――――
                            国際渉外委員会

1. 開催日:2013年10月23日
会議名:第39回横幹技術フォーラム
会場:日本大学 経済学部

2. 開催日:2014年12月3~6日
会議名:日本知能情報ファジィ学会主催 SCIS&ISIS2014
会場:北九州国際会議場

詳しい情報へのリンクや他の協賛会議については、下記URLをご覧ください。
http://www.jimanet.jp/activities/event

▼ 生産・物流部門 第1回国際ワークショップのご案内 ――――――――――
                  部門長 松川 弘明(慶應義塾大学)
                   幹事 中島 健一(神奈川大学)

日 時:2013年11月3日(日) 9:00~18:00(予定)
場 所:ホテルムーンビーチ 沖縄県国頭郡恩納村字前兼久1203
参加費:10,000円

生産物流部門では、ビジネスにおける課題をテーマに第1回の国際ワークショップ
を開催致します(口頭発表言語については、英語または日本語のいずれでも可).
発表ご希望の方は英文で
1.発表題目、2.発表者名(所属)、および 3. 参加人数 を下記申し込み
先までメールにてご連絡ください。

申し込み締切:2013年10月15日(火)
発表申込み先: haruna@kanazawa-gu.ac.jp (金沢学院大学 春名亮)

▼ 事業・市場部門 集合知メカニズム研究会からのご案内 ――――――――
      事業・市場部門 集合知メカニズムとその応用研究プロジェクト
                            主査 水山 元

今年度,事業・市場部門の研究プロジェクトとして活動しています,
集合知メカニズム研究会(旧称:予測市場と集合知活用 研究部会)では,
現在,新たなメンバーを募集しています.関連分野に関心をお持ちの方は
ぜひご参加いただければと思います.

詳細は下記のウェブページのTopicsをご参照ください.
http://www.collective-knowledge.net/sigpmkt/

───────────────────────────────────
■ 日本経営工学会メールマガジンは,原則月2回(1日,15日)配信いたします.
なお次号 VOL.2013-19 は 10/16 を配信予定日といたします.

■ 掲載記事について
掲載依頼があった記事については,原則的に投稿をそのまま載せています.詳
細については各記事の投稿者または連絡先へお問い合わせください.

■ 投稿要領について
下記URLをご参照ください.
http://www.jimanet.jp/wp-content/uploads/mailmagagine_post_rules.pdf

■ メール配信停止について
会員情報に基づいて登録されたメールに配信しておりますが,メール配信が不
要な場合は,配信停止の旨を下記までご連絡ください.

===================================
※ 本電子メールにつきましては配信専用となっております.ご返信いただき
ましても対応できませんので予めご了承ください.
※ 不明な点,お困りの点などございましたら,下記までお問合せください.
===================================

日本経営工学会 第32期庶務委員会 メールマガジン担当
庶務理事  篠田 心治(成蹊大学)
庶務理事  松林 伸生(慶應大学)
庶務委員長 降籏 徹馬(高千穂大学)
庶務委員  大久保寛基(東京都市大学)
庶務委員  竹本 雅憲(成蹊大学)
庶務委員  西岡 久充(龍谷大学)
庶務委員  平井 裕久(高崎経済大学)
事務局   寺西 紘佑(国際文献社)

〒162-0801 新宿区山吹町358-5 公益社団法人 日本経営工学会 事務局
TEL:03-5389-6379 FAX:03-3368-2822 E-mail:jima-post@bunken.co.jp
───────────────────────────────────