公益社団法人日本経営工学会
Last Update: 2020/7/8

VOL.2011-12

===================================

                 日本経営工学会  メールマガジン
                   2011年6月15日   VOL.2011-12

===================================


■ 目次
関西支部 平成23年度 第1回事例研究会のご案内
第7回MOT研究部会 7月9日(土)開催案内
協賛会議のご案内 ―第13回日本感性工学会大会開催のお知らせ―


▼ 関西支部 平成23年度 第1回事例研究会のご案内――――――――――――
                               関西支部

標記研究会を以下のとおり開催いたします.万障お繰り合わせの上,
ご出席下さいますようお願い申し上げます.

日 時:平成23年7月9日(土) 14:00~17:00
場 所:大阪工業大学 大阪センター
    〒530-0001 大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ3F
TEL:06-6346-6367(代)

詳細は
http://www.josho.ac.jp/osakacenter/index.html
をご参照下さい.

参加費:1,000円(事前申込みは不要でございます)
 (注)正会員(大学関係)の所属ゼミの学生さんは参加費無料です.
    ただし,人数確認のため正会員から必ず事前に参加者氏名を
    事務局までお知らせ下さい.

以下の2件のご講演を予定しております.
-----------------------------------
<講演1>「この国に必要な 複合システム(System of Systems)のシステム
 科学アプローチ」~事例を中心にしたシステムダイナミクスの解説~
講演者:株式会社オージス総研 エグゼクティブフェロー
    ビジネスイノベーションセンター長 明神 知 氏

(概要)
東日本大震災と原発,政治の混沌と問題山積の日本です.これらの問題は因果
関係が複合した,「System of Systems」です.この「複雑性」と「ダイナミク
ス」を分析するシステム科学アプローチの代表的道具がシステムダイナミクス
(SD)です.私達が提唱する「百年アーキテクチャ」整備に至るITアーキテク
チャ成熟度ステージアップのプロセス構造分析にSDを利用した事例などを通し
てSDを理解していただきます.

<講演2>「環境教育に関する大学の取り組みと今後の展望」
講演者:摂南大学学長付 客員教授・大阪工業大学工学部 客員教授
    宮田 秀明 氏

(概要)
見える化システムを利用した省エネ活動による地球温暖化防止対策を積極的に
進めている環境先進大学三重大学等における取り組みの現状や目的・方針を紹
介する.これらの取り組みを参考にして,地球温暖化防止や地球資源枯渇化防
止を含めた循環型社会形成を目的とした大学における今後の新たな環境教育創
世の展望を述べる.



▼ 第7回MOT研究部会 7月9日(土)開催案内 ――――――――――――――
                        研究部会主査 豊島文雄
 
「日本在住30年のインド人とシステム開発歴40年の日本人エンジニアが日印の
文化を解析する」という,興味ある講演をしていただく事になりました.シス
テム開発関係者の方々も含め初めての方々も土曜の午後,気楽に参加して研究
部会のディスカッションの輪に加わってください.

テーマ:「システム開発のための日印文化」
           -Japanese and Indian Culture for Systems Development-
 
講演者:Jランジャン・グプタ  ((株)イネーブルツリー代表取締役)
    板倉 稔        (同顧問)2名による講演
 
会 場:新宿西口 工学院大学28階第3会議室 会場アクセス
時 間:2011年7月9日(土)13時30分~16時30分 (受付は13時より)
参加費:1,000円
 
講演内容の紹介:
 コンピュータシステム開発プロジェクトでもグローバル化が進んでおり,様
々な問題が生じている.コンピュータシステム開発は,暗黙知を含めてソフト
ウェアに固定化するので,コミュニケーションはきわめて重要である.何を理
解しておけば,異文化間の軋轢を避けることができるか,また,各々の文化の
何が新しい概念やソフトウェアを生むのだろうか.日本在住30年のインド人と
システム開発歴40年の日本人エンジニアが日印の文化を解析する.

参加申込:開催日2日前までに,お名前,所属,を次のアドレスに要連絡.
     chackyteshima@ybb.ne.jp   研究部会主査 豊島文雄宛



▼ 協賛会議のご案内 ―第13回日本感性工学会大会開催のお知らせ― ―――
                            国際渉外委員会

第13回日本感性工学会大会 テーマ「製品と感性工学」
<開催日時> 2011年9月3日(土)~5日(月)
<開催場所> 工学院大学 新宿キャンパス

    http://www.jske.org/taikai/5

問い合わせ先:
第13回日本感性工学会大会事務局 jske13@jske.org



───────────────────────────────────
■ 日本経営工学会メールマガジンは,原則月2回(1日,15日)配信いたします.
なお次号 VOL.2011-13 は 7/1 を配信予定日といたします.

■ 掲載記事について
掲載依頼があった記事については,原則的に投稿をそのまま載せています.詳
細については各記事の投稿者または連絡先へお問い合わせください.

■ 投稿要領について
下記URLをご参照ください.
http://www.jimanet.jp/mem_service/mail_magazine/mm_toukou.pdf

■ メール配信停止について
会員情報に基づいて登録されたメールに配信しておりますが,メール配信が不
要な場合は,配信停止の旨を下記までご連絡ください.

===================================
※ 本電子メールにつきましては配信専用となっております.ご返信いただき
 ましても対応できませんので予めご了承ください.
※ 不明な点,お困りの点などございましたら,下記までお問合せください.
===================================

日本経営工学会 第31期庶務委員会 メールマガジン担当
庶務理事  開沼泰隆(首都大学東京)
庶務委員長 降籏徹馬(高千穂大学)
庶務委員  大久保寛基(岡山大学)
庶務委員  加藤麻樹(長野県短期大学)
庶務委員  皆川健多郎(大阪工業大学)
事務局   金村香奈(国際文献印刷社)
      寺西紘佑(国際文献印刷社)

〒169-0075 新宿区高田馬場4-4-19
 社団法人 日本経営工学会 事務局
TEL:03-5389-6379  FAX:03-3368-2827 E-mail:jima-post@bunken.co.jp
───────────────────────────────────