公益社団法人日本経営工学会
Last Update: 2017/12/15

Best Presentation Award 受賞者

Best Presentation Award 受賞者

受賞年度 受賞者 所属 演題
2017年秋季大会 伊藤 湧星 成蹊大学 モジュール生産を目指した製品設計とライン設計のための分析手法の提案
岩田 凌 上智大学 重なりのある配送時間枠を考慮した店舗出荷型ネットスーパーにおける配送計画問題
厳 佳欣 上智大学 物流センター内における出荷作業の効率化を目的とした摘み取り方式と種まき方式の選択
佐藤 雄介 早稲田大学 為替取引データに基づく企業の為替リスクヘッジ方針の推定
清野 晶宏 慶應義塾大学 エンタテイメント向け新製品における消費者行動と消費者分類による分析
2017年春季大会 加藤 大貴 慶應義塾大学 テールリスクパリティを用いた最適資産配分モデルに関する研究
篠原 健吾 慶應義塾大学 長寿企業における長寿獲得行動に関する一考察 -直近50年の財務数値分析を中心として-
清水 良太郎 早稲田大学 アンケートデータを考慮したECサイトの購買履歴分析モデルの提案
友田 哲平 岡山大学 ボーキングを考慮したM/M/s待ち行列システムのための統計力学的平衡状態解析モデルの改善
依田 純 上智大学 物流センター内の種まき方式で生じるブロッキングを考慮した商品仕分けエリアのレイアウト設計
2016 年秋季大会 松嵜 祐樹 早稲田大学 施策効果の最適化を目的としたマルコフ潜在クラスモデルによる購買行動分析
工藤 大希 岩手県立大学 Online to Offline を対象としたハイブリッド型屋内測位手法の提案
髙橋 拓弥 上智大学 クロスドッキングセンターの出庫エリアにおけるシュート・ドック割り当てとその解法の提案
佐藤 修啓 岡山大学 取り出し順序を考慮した宅配荷物の積み付け位置決定法
山下 陽介 首都大学東京 不確実性と移転価格を考慮したグローバル・サプライ・チェーンの設計/再設計に関する研究
2016 年春季大会 釣井 心 岡山大学 単一サプライヤと複数リテイラで構成されるサプライチェーン・マネジメント・システムに関する考察
山極 綾子 早稲田大学 サポートベクトルに着目したECOC-SVMによる多値分類に関する一考察
田村 厚典 岡山大学 ボーキングを考慮したM/M/s 待ち行列システムのための統計力学的平衡状態解析モデルの提案
神上 俊輔 早稲田大学 Backhaulを考慮したクロスドッキングセンターの立地選択に関する研究
荻 百花 東京理科大学 中小企業M&Aにおける売却価格の影響要因分析
2015 年秋季大会 加藤 稚菜 岡山大学 統計力学的平衡状態解析モデルに基づくボーキング現象を考慮したM/M/1待ち行列システムの解析
齋藤 洋 早稲田大学 局所的構造をモデル化可能な計量距離学習に関する一考察
田中 陽輔 大阪府立大学 連鎖的近傍操作を用いた静的ナーススケジューリング法
安田 直生 早稲田大学 多値判別問題におけるコスト考慮型学習への拡張に関する一考察
山口 航平 大阪工業大学 人口蜂コロニーアルゴリズムを用いたセル生産システムの設計
湯川 輝一朗 早稲田大学 計算量の削減を目的とした分散型SVMの学習手法に関する一考察
2015 年春季大会 入江 将弘 東京理科大学 多角化戦略とガバナンス構造及び企業パフォーマンスの関係性
川田 恭平 岡山大学 遺伝子長を変化させるフレームシフト突然変異の提案と可変長な遺伝子をもつ遺伝的アルゴリズムの開発
古舘 達也 岩手県立大学 歩行者ナビを対象とした屋内測位システムの導入と評価
木津谷 剛志 青山学院大学 安全性、省エネ、快適性を考慮した居室熱量使用量目標
鈴木 玲央奈 早稲田大学 3元直交表に基づくECOC法による多値文書分類に関する一考察