公益社団法人日本経営工学会
Last Update: 2017/11/17

春季大会特別セッションについ て

2014年4月4日

春季大会特別セッションについて

公益社団法人日本経営工学会
 会長 河野宏和

日本経営工学会では、2014年度 春季大会(於:東京理科大学)の1日目に、学会の国際化を図り、国際社会での経営工学の活用について皆で考える下記のような『特別セッション』を企画いたしました。国際的にご活躍されている企業の実務者の方に、企業の海外進出など国際化の事例を紹介していただき、コメンテータからの解説と同時に、参加者の方々との質疑応答を行い、学会国際化の方策や課題を考えたいと計画しています。お誘い合わせの上、多数ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

特別セッションテーマ:「企業の海外進出の加速と経営工学(IE)の役割」

日 時:
2014年5月17日(土)13:20-14:30
会 場:
日本経営工学会 2014年度春季大会A会場(K101室)C会場(K203室)
      (東京理科大学 野田キャンパス)
      (千葉県野田市山崎2641、 東武野田線 運河駅下車 徒歩5分)
       http://www.tus.ac.jp/info/access/nodcamp.html
参加費:
無料(特別セッションのみの参加は無料、その他のセッションの参加は有料)
申込み:
会場に直接お越しの上、受付にてご記名の上、ご参加ください。
スケジュール:
A会場 13:20-14:30 「鹿島建設の海外展開、経営工学部門の産学連携」
           講師:鹿島建設株式会社 赤木 宏匡 氏
           コメンテータ:上智大学 伊呂原 隆 氏
C会場 13:20-14:30 「海外生産拠点の生産インフラ構築と経営工学」
           講師:青山科技橋公司 青山利幸 氏
           コメンテータ:堀内技術士事務所 堀内孝男 氏

なお、当日16:40~18:10に、JIMA全体の活性化のあり方を共に考えるため、ラウンドテーブル形式のディスカッションを開催したいと考えています。前回秋季大会に続いて、少人数のグループ(テーブル)に分かれ、若手も年輩の方も、大学の人も産業界の方も、皆さん平等に発言していただくセッションです。各テーブルには進行役(モデレーター)が付き、議論を促し、最後に各テーブルで出た意見をまとめた上で、最後に発表していただく時間を設けます。冒頭、会長から10分の説明の後、テーブルでの議論は50分、まとめ討議に30分、全体で90分のセッションを予定しています。

議論していただきたいテーマは、当日の冒頭に改めて3つを明示したいと考えていますが、例えば、「学会でやるべき企画やプログラム」「もっと強化すべき活動」「経営工学の果たすべき役割」「学会に期待すること」など、少し幅広い内容について皆さんから率直に意見を言っていただき、それを学会の活性化に向けた施策に結びつけていきたいと考えています。
こちらの参加も無料の特別セッションとなっております。併せてご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

連絡問合せ先:
成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 篠田心治
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
TEL 0422-37-3763(ダイヤルイン) FAX 0422-37-3871
E-mail shinoda@st.seikei.ac.jp