秋季研究大会ショートコースのご案内
11月17日(土)福岡工大

主催: (社)日本経営工学会
日時: 平成 13 年 11 月 17 日(土)10 時〜15 時 30 分
会場: 福岡工業大学情報工学部 (JR「博多」駅から 12 分の JR「筑前新宮」駅下車、歩3分)
交通案内
参加費: 正・賛助会員は当日受付 8,000 円、事前申込 7,000 円(10/31 まで郵便振込分)、 非会員は 1 万円
大会参加者はショートコースを無料で聴講できます。

1. ショートコースの主旨

 経営の複雑さや経営環境の変化が加速している産業界の中で、 企業が生き残り繁栄してゆくためには、時代の流れを的確に把握し、 学習することが必要です。
 SCM,グローバル生産プロダクションミックス、企業価値経営、と言った 今ホットな生きた経営工学の最新知識を実務に精通した専門家により 講義して頂き大会参加者のアディショナルな知識の幅を広げる場を提供するのが、 秋季研究大会併設のショートコースの主旨です。

皆様のご参加をお勧めします。

2.秋季大会でのショートコースの内容(2コース)

(1)SCMとAPSショートコース

10:00〜11:00 サプライチェーンマネジメント総論
 黒田 充(青山学院大学)
11:10〜12:10 APSを指向したスケジューリングの標準化
 西岡 靖之(法政大学)
(13:20〜14:20は、特別講演「マルチメディアと経営工学」で中断)
14:30〜15:30 権利化から見たSCMの要素技術
 高橋 勉(日立東北ソフトウェア))

(2)企業内経営工学ショートコース

10:00〜11:00 学習する組織と経営工学への期待
 豊島 文雄(ソニー(株))
11:10〜12:10 グローバルプロダクションミックスとコスト概念
 西村 泰一(HOYA(株))
 豊島 文雄(ソニー(株))
(13:20〜14:20は、特別講演「マルチメディアと経営工学」で中断)
14:30〜15:30 企業価値経営 −経営指標としてのSVA−
 西村 泰一(HOYA(株))

以上 (9月14日現在の確定プログラムです)